あなたは大丈夫? 鍛えているつもりのインナートレーニング ~神戸市 三田市 西宮市の産後ケア&骨盤矯正~

産後に鍛えているつもりのインナートレーニング

 

こんにちは。兵庫県神戸市、三田市、西宮市で産後ケア骨盤ケアのパイオニア、mamaNEXTです。

 

最近は「産後の骨盤矯正」をメニューに掲げている院が増えました。しかし骨盤は変化のごく一部なので、骨盤の矯正だけをしても解決しません。

 

産後に弱る「インナートレーニング」をする院も少しあります。体幹のインナー筋も出産で変化しますので、筋肉も骨盤ケアに組み込まれるべきです。

 

産後トレーニングに関して、ネット上では情報があふれていますね。

 

 

やせる産後の〇〇法、1分ですぐできる〇〇を細くするストレッチ、間違っている〇〇のやり方!

 

 

 

こんな文言だらけです。とにかく商売商売し過ぎています。

 

 

 

みなさん、同じようなものばかりで、お困りではありませんか?

 

 

 

SNSやネットなどで情報だけを手に入れても、何もなりません。見よう見まねでやっても実は「やってるつもり」「知ったつもり」だけになってしまうのです。

 


産後はちゃんとした検査をしてからトレーニングを!

 

 

 

たとえば、みなさんが病院へ行って「腰が痛いんです」と言ったとき、お医者さんが何も検査せずに、すぐに「腹筋運動をしなさい」とか「腰の筋肉をストレッチしなさい」とか言いますか?

 

 

医療は「問診→検査→診断→処方」の順にちゃんと組み立てられています。

 

 

ただ「腰が痛い」という情報だけで「(運動)処方」をされると、間違った処方になる可能性がありますね。

 

 

産後骨盤ケアのインナートレーニングも同じです。

 

 

ただ産後だからと言う理由で、骨盤矯正やインナートレーニングをしますか? なんとなく「産後は開いた骨盤を締める」必要があると感じるから骨盤矯正をしますか?

 

 

あなたにとって必要であれば、必要な矯正、または必要なトレーニングを必要な負荷量でしなければいけません。

 

 

これらは「検査」をすれば分かります。ただし「ちゃんとした」という条件付きです。

 

 

姿勢の写真や脚の長さ、可動域、触診による筋肉の状態、前屈やひねったりの運動検査などは最低限の検査です。

 

 

これらは最低限必要ですが、それぞれ原因ではなく結果を見る検査です。

 

 

mamaNEXTではもっと「ちゃんとした検査」をして原因を観察します。

 


それ、インナーではなくアウタートレーニングかも

 

産後のお体はデリケートです。

 

 

医学ではちゃんと検査をしなければ、診断、処方ができません。

 

 

体組成計でも、筋肉が間違って使われていることは全く分かりません。

 

 

トレーニングして、体組成計に乗って「筋量が増えたね」と喜んではいられないのです。アウターを増やしても、ボディビルダーに腰痛が起こっているのを見ればインナーの重要性が理解できます。

 

 

あなたがしているインナートレーニングは、インナートレーニングだと思い込んでいるだけかもしれませんよ。

 

 

アウターを鍛えて「インナーが強くなっている」と勘違いしていることがよくあるからです。

 

 

間違っても適当にインナートレーニングと称されるものを安易にやらないでください。特に産後は。

 

 

いくらトレーニングの形を真似しても、インナーが働かずアウターが肩代わりしていれば、間違いなくアウタートレーニングになっているからです。これを代償運動といいます。

 

 

 

インナーが働くべきときにアウターが働く身体になってしまったら、、、。マイナートラブルの温床になります。

 


身体の中の動きを可視化する

 

mamaNEXTでは身体の中をちゃんと可視化します。

 

 

アウターやインナーがそれぞれ協調して働いているのかを見るためです。これは表面上からは分かりません。

 

 

以下の写真を見てください。

 

 

腹部インナーマッスルが描出されています。

 

 

これはリラックスしている状態です。

 

 

次に腹部筋の収縮が起こっているインナーマッスルを見てください。この方にはドローインをしていただきました。

 

 

 

厚みが増している部分がありますね。この腹部インナー筋を見て良いのか悪いのか、分かりますか?

 

 

一般の方々は分からないと思います。分からなくても当然です。

 

 

ちゃんと腹筋が働いていますね、などという施術家がいたらビックリです。

 

 

実は、これ、悪い例です。

 

 

このように当院では「ちゃんと検査」をしてインナー筋の収縮様式まで観察していきます。ぽっこりお腹が残らないようにするためです。

 

 

ちゃんと検査をしてはじめて、「インナートレーニングが必要だ」とか、「トレーニングをしてだいぶインナー筋が回復してきた」など分かるのです。

 

 

すると、アウターが肩代わりしているからトレーニングが上手にできるようになっているのに、インナーが鍛えられて上手くなっていると勘違いすることもなくなります。

 


当院は医療、医学に基づく産後ケア

 

 

そしてこれら検査結果を元に、個人個人に合わせたプログラムを作成し、産後ケア骨盤ケアを始めます。

 

 

ですので、一律に回数が決まっている訳ではありません。全員同じって、おかしいですよね。

 

 

風邪をひいて、みな同じ薬を同じ日数だけ飲むなどということはありえません。

 

 

医療医学に基づくmamaNEXTです。ちゃんと検査をしてみなさまのお体をお守りします。

 

 

当院はお一人お一人を型にはめようとするのではなく、その人の問題を突き詰めて、その問題を解決するお手伝いをしています。

 

 

あなたはこの世に一人だけしかいない、超限定レアな存在なのですから。

 

もし、一度専門家にご相談になりたい方は、上の写真をクリック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です