腹直筋離開のエクササイズ ―神戸市、三田市、西宮市の産後ケア 骨盤ケア―

 

こんにちは。

 

神戸市、三田市、西宮市で産後ケアの専門相談を受け付けております、mamaNEXTです。

 

 

だんだん暖かく、、、と言いたいところですが、まだまだ寒い日が続きますね。

 

そんな花冷えの寒さを吹っ飛ばすかのように、エクササイズをしていきましょう!

 


腹直筋離開の理解

腹直筋離開を正しく理解することで、エクササイズを効率よく行うことができるようになります。

 

 

腹部の筋肉が働くと以下のような作用が生じます。

 

 

  1. 体幹を曲げる
  2. お腹を左右に引っ張る
  3. お腹を引き締める

 

 

このうちの2「お腹を左右に引っ張る力」が加わるために、離開があるとお腹の中心が左右に離れてしまいます。

 

 

下の絵を見てください。左の絵は正常な腹部ですが、右の絵は中心で離開が生じた絵です。

 

Figure : Therapeutic Exercise: Foundations and Techniques (Therapeudic Exercise: Foundations and Techniques)

 

 

お腹を締める筋肉が働かずに、お腹を左右に引っ張る筋肉が優位に動いてしまっているのです。

 


腹直筋離開のエクササイズ

 

腹直筋離開の状態がご理解いただけたら、まずは離開の場所を見つけることです。

 

 

前にアップした「腹直筋離開の検査」のところで、自分の離開がどこにあるのか、どこの離開が大きいのかを確認してください。

 

 

だいたいおへその辺り、そのすぐ下、そのすぐ上に大きく離開した場所が見つかると思います。

 

 

そして、離開が大きい場所が見つかれば、その場所が離開しないように手でサポートしてクランチ運動を行います。

 

 

クランチ運動とは、仰向けに寝て身体を巻き上げていく運動です。起き上がりの腹筋運動に似ています。

 

 

① 仰向けで寝て両手で離開が大きいところを近づけます。

② 肩甲骨が浮かないようにして頭を持ち上げます。

 

このようにして、離開しないように機能低下した腹部の筋肉を鍛えるのです。

 

 

これらの他にまだ多数のトレーニング方法があります。

 

 

一度ご自身で行って、分かりにくい場合はぜひ専門ケアのmamaNEXTへご相談ください。

 

 

専門産後ケアをお受けになりたい方はこちら→産後ケア・産後矯正の新しいカタチ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です