産後のケアは帝王切開をしたママには不必要か? ―神戸市、三田市、西宮市の産後ケア、骨盤ケア―

 

こんにちは。

 

神戸市、三田市、西宮市から多数いらっしゃる産後ケアの専門ラボ FirtreeLabo です。

 

何らかの原因で「帝王切開」になられる方は少なくありません。

 

当院にも多数の帝王切開でお産みになった方がいらっしゃいます。

 

そこで、「帝王切開」でも骨盤は開くのか? 産後ケアが必要なのか?についてお話します。

 

 


 

妊娠中は、その後の分娩様式に関わらず、お腹は大きくなりますね。

 

 

その時、赤ちゃんはどこにいるでしょうか?

 

もちろん、骨盤の上にいます。

 

その時、骨盤の下、つまり骨盤底には圧力が徐々にかかり、骨盤が徐々に開いてきます。

 

骨盤底が重さに負けてしまった場合、妊娠中から尿もれが起こります。

 

骨盤底って筋肉でできているんです。ちょうどハンモックみたいになっています。

 

 

これが垂れさがるんです。

 

このように、妊娠したら分娩様式に関わりなく、骨盤は影響を受けます。

 

そして、実際の出産になると、自然分娩では大きく骨盤底が開きます。

 


 

ところが、帝王切開では、開く必要がないので、自然分娩で出産するほどは開きません。

 

ですから、「骨盤矯正は必要ない」とお思いになるのは無理ありませんね。

 

確かに、産後ケアが骨盤矯正だけなら、しなくてもいいかもしれません。

 

ただ、妊娠すると変化するのは骨盤だけではありません。

 

むしろ、骨盤の変化は妊娠の変化のひとつにすぎないのです。

 

骨盤だけに目を奪われて、もっと他に変化したところをないがしろにしておくのは、将来お体に負担を強いてしまうことになりかねません。

 

 

当院は骨盤矯正だけを行っているわけではありません。

 

骨盤矯正だけでは、産後のお体は元に戻らないのは前から分かっていることです。

 

ですので、ちゃんとトータルでお身体を元に戻し、快適な産後ライフをサポートしています。

帝王切開でご出産された方でも、お気軽にご相談ください。

 

WeLLNeX産後ケア事業部

 

産後ケアに興味がある方はこちら→WeLLNeX FirtreeLabo産後トータルケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です