産後はベルトや骨盤矯正だけで十分なわけありません ―神戸市 三田市 西宮市 の産後ケア、骨盤ケア―

 

こんにちは。

 

 

神戸市北区で産後ケアといえばFirtreeLaboといわれるくらいの産後ケア専門院です。

 

 

よくご出産されたお母さんから「産後の骨盤矯正は必要なの?」と聞かれます。

 

ざっくりとした答えとしては「はい!」です。

 

 

 

また「産後はベルトで締めてました」と言われる方も少ないですがいらっしゃいます。

 

 

しかし、ベルトだけでちゃんとケアできるか?と聞かれても、お世辞にも「はい」とは言えません。

 


 

妊娠中に大きな変化が訪れる

妊娠中には骨盤だけではなく、背骨も股関節、膝関節、そして腹部やその臓器、ホルモン分泌、上は頸部や頭部までが変化します。全体的な姿勢も変化します。

 

上の写真では、上半身が大きく後ろに反ってますね。お腹が重たくなって、後ろに反りかえらないと、バランスが崩れて前に倒れてしまうからですね。

 

 

この姿勢を取ってみてください。お腹にお米袋5キロを抱えるとうまくできるかもしれません。

 

 

一気に体のバランスが崩れますね。そしてそれを支える背骨、骨盤、脚部の筋肉は前後左右アンバランスな使い方になってしまいます。


 

産後に安易に行うケア

 

さて、自然分娩では骨盤は大きく変化しますので、ついついやりがちなのが、ベルトだけしておくというケアです。

 

そして、ベルトはすぐにずり上がってくるので、面倒くさくなってやめてしまいます。

 

 

そして最近はあちこちで目にする『産後骨盤矯正』の文字。

 

 

ひょっとして骨盤を矯正すればよくなるのでは?と思って骨盤を矯正する方も多いでしょう。

 

骨盤のねじれや離開をしっかりケアするのは大切なことです。

 

 

当院でも行っています。

 

 

ただ、骨盤だけをケアしたところで、一時的には骨盤は締まっても、また広がってくるということです。

 

 

それは、骨盤が広がるためには、背骨や大腿骨、内臓など、他のさまざまな組織や構造が伴わないと、骨盤だけ広がることは不可能だからです。

 

 

他の組織や構造も変化しているのに、骨盤だけ調整しても、他の組織や構造がまた骨盤を広げようと働きかけます。

 

 

そして、骨盤矯正が終わったときはなんとなく締まったような感じがして、そして姿勢もよくなった気がします。

 

 

が、徐々にまた広がっていくのです。

 

お腹はちゃんと動いてますか?

 

そして産褥エクササイズというものが、インターネットで検索すれば動画と一緒に出てくることが多くなりました。

 

骨盤底筋群のトレーニングという検索ワードでも多数出てきます。

 

 

この筋群がここまで検索で出てくるなんて、10年前では考えられませんでした。

 

 

日本語より英語Pelvic Floor Musclesのほうが多くヒットしたので「日本は遅れているなぁ」と思ったものでした。

 

 

この産褥体操、一番大きな目的は何かご存知でしょうか?

 

 

よく、インナー筋トレーニングと言われますが、何がインナー筋なのかご存知でしょうか?

 

 

赤ちゃんがお腹の中にいるので、腹筋群が動かなくなります。特に下腹の筋肉に力が入りません。

 

 

その変化をほったらかしにして、骨盤矯正やベルトだけしても、お腹は動くようにはならないのです。

 

産後の変化をトータルでサポートできる当院

 

このように見てくると、産後の変化を戻すために必要なことは二つあると分かります。

 

⑴ 脊椎、骨盤、股関節などの構造的問題

⑵ 腹部・腰背部の筋肉の機能的問題

 

この2点をしっかりとケアして、元の状態に戻さなければいけません。

 

 

矯正だけ行っている治療院、エクササイズだけ行う産院はたくさんあります。

 

 

ただ、見てきたように両者が合致して理想的なケアにつながります。

 

 

そんな理想的なケアをご提供し、最新の情報にアップデートしているのは当院の産後ケアコースです。

 

 

ぜひ、真剣に産後ケアを考えて、10年20年先まで健康をお考えの意識の高い方はご相談ください。

 

 

産後ケアに興味がある方はこちら→WeLLNeX FirtreeLabo産後トータルケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です